ブログ初心者

「ブログを始めたけど書き方がわからなくて全然進まない」

ブログを始めると、ほとんどの初心者の方がぶつかる壁かもしれません。

ブログ初心者が悩む、「何をどう書いていけばいいのか」を解決するためには、
「読者に何を伝えていくのか」を考えることが大切です。

そして、「書き方」には「順序」があります。

書き方のポイントや順序が理解できれば、
初心者として「書くことへの不安」は解消されていきます。

「分からないことが分からない状態」から脱出して、ブログを育てていきましょう。

初心者が知って安心できるブログの書き方と順序

ブログ初心者が先に進めなくなる原因は
ブログの目的が頭の中に定着しておらず、
始めたことに期待と不安を抱えているためです。

ブログの役割は、
読者の不安や悩みなどの問題を解決するための「情報提供」になります。

あなたがブログを始めた目的は、
サイトを運営して利益を得ることですね。

ブログ記事を書くために必要なこと、大切なことは何でしょうか?

それは、「読者がブログに求めるものを理解すること」を意識した書き方です。

読者の目的を叶える書き方を心がけることで、
あなたの目的が達成されるという仕組みを理解する必要があります。

ジャンルを決める

読者の目的を理解した上で、
あなたがブログでどんなジャンルを扱っていくのかを決めます。

ジャンルという言葉を目にすると、頭が「?」となり、戸惑う方も少なくありません。

ジャンルとは、
ブログで情報を提供していく上で、
どんな商品やサービスを扱っていくのかを決めていくことです。

そのジャンルを選ぶ上で、気をつけていくことは、
あなたが全く知らない商品やサービス、体験したことのない未知のものは選ばないことです。

なぜなら、経験のないものを扱うと、
広告に頼った見づらい記事を作ってしまいがちになります。

ジャンルを選ぶ際は、広告を提供しているASPのサイトから見つけることができます。

代表的なアフィリエイト広告を提供しているA8.netを参考にしてください。
無料登録すると扱っている様々な広告を見ることができます。
ブログがなくても登録できるので安心してください。

ジャンルでは、あなたの生活や経験から大まかに選ぶといいでしょう。
衣・食・住や、仕事、習い事、趣味、アプリケーションなど、ジャンルは数多くあります。

詳しくは下記の記事も参考にしてください。
副業ブログを始めてジャンル選びに困ったときの解決策

伝えたい相手を決める

ジャンルを決めたら、次は「どんな人」に伝えていくのかを考えます。

ここも難しく考える必要はありません。
あなたの経験をもとにジャンルを選んだ場合、
同じ年代や職業、生活環境を想定して「伝えたい相手」像を設定します。

年齢、性別、職業、住まい、趣味など細かく設定しましょう。

なぜなら、不特定多数の読者に向けたコンテンツは読み手に響きません。

渋谷交差点で、「そこの人!」と叫んでも、
ほとんどの方が、「自分じゃない、自分には関係ない」と思うでしょう。

しかし、「そこの白い帽子被ってサングラスした男性の方!」と叫ぶと、
「あれ、私のことかな?」と振り向く可能性は高くなるでしょう。

インターネットには膨大な数のコンテンツが溢れています。

しかも、検索結果の1ページ目しか見られていません。
「伝えたい相手」を絞っていった方が、読まれる確率を高めることができます。

キーワードを決める

ジャンルも決まり、伝えたい相手もイメージしました。
つぎは、キーワードを考えていきます。

なぜキーワードを考える必要があるかというと、読者はキーワードで検索するからです。

読者がどんなキーワードで情報を探していくのかを考え、
キーワードを選んでいきます。

キーワード探しは、Googleキーワードプランナーをご参照ください。

キーワードを選ぶ際のポイントは、ロングテールキーワードを選ぶことです。
検索ボリュームが少なく、伝えたい相手を絞ることが可能です。

タイトルにキーワードを入れる

読者は検索バーにキーワードを入れて検索するため、
タイトルにキーワードが入っていることが重要になります。

Googleのシステムも、タイトルのキーワードを重要としていることが分かります。

もちろん、記事の本文内にもキーワードが必要ですが、
キーワードを意識しすぎた不自然な文章では読者は離れてしまうでしょう。

良質な記事とは、売り込みや煽りのある文章ではなく、
相手の役に立つ記事のことです。

自然でわかりやすい書き方を心がけましょう。

本文の構成

記事の本文について、ここでも読者のことを考えた書き方が必要です。

読者は本を読んでいる訳ではありません。
「その時、解決したい」という心情で検索している方が多いのではないでしょうか。

私たちが学校で習う文章の書き方は、「起承転結」でしたね。

この書き方は、結論を最後に書く方法でした。

しかし、読者は早く答えを知りたいので、
ブログでは、「結論」から先に伝える書き方が大切です。

相手の時間を無駄にしない、
不安や問題をその場で解決に導いていく書き方が求められています。

もちろん、結論で終わるわけではなく、きちんとその根拠も述べることが大切です。

PREP法と呼ばれている文章の書き方で、
「結論 → 理由 → 具体例 → 結論」という流れで記事を構成していきます。

例えば、

(結論)
ブログでは結論から先に述べることが大切です。
(理由)
読者は答えを早く知りたいからです。
結論から書かれていない記事を読者は時間をかけて
(具体例)
読むことはなく、わかりやすい記事を求めています。
そのため、先に結論から述べることで読者のニーズに答え、
(結論)
わかりやすい内容として読まれる記事になります。

本文の構成も順序よく書くことで、
初心者でも「読者の求めている答え」を意識した書き方ができます。

まとめ

ブログは初心者でも簡単に始めることはできるのですが、
続けていく「きっかけ」を得ることが最も困難です。

ブログの目的を理解すること、読者が求めていることを理解することを怠ると、
初心者は続けていくための「きっかけ」を得ることが難しく、
書き方も分からなくなり、挫折しやすくなります。

この記事では、ブログ初心者のあなたが、
読者の求めている記事を書くことができるように、ブログの書き方と順序をお伝えしました。

初心者でも形と流れが理解できれば、あとは書くことで体が慣れていきます。

それでも、挫折しそうな時も出てきますが、
そんなときはお問い合わせいただければ、全力でお答えします。

あなたのブログの成長を心から応援しています。