副業にブログはおすすめ

「副業を始めたいけど、特にスキルがない」

「副業はしたいけど、時間があまりない」

いま、スマホやパソコンの画面を見ながら、
上記のようなことを悩んでいませんか?

会社員として働いて、忙しい毎日を過ごしながら、コツコツ生きている。

でも将来の保障は誰もしてくれない、
コロナなど先の読めない状況も不安な気持ちにさせますよね。

そんな中、副業を考えることは自然なこと。
副業を考え、その答えの一つに「ブログ」は、おすすめです。

副業にブログがおすすめな理由

副業で何をしたらいいのか、迷ったとき、
本業や経験、趣味などをそのまま活かすことが、もっとも効率的でおすすめです。

・学校に入るために勉強したこと
・どの塾がいいのか比較して体験したこと
・就職のために勉強したこと
・面接のロールプレイング
・グループディスカッションの経験
・入社して研修で培ったマナーや資料作成
・システムやアプリケーションを利用した経験
など。

自分では「大した経験ではない」と思っていることに、
多くのブログ記事となる要素があります。

そして、副業としてなにがあるのか、
今まさにリサーチしていることそのものも、副業ブログに生かすことが可能です。

副業の中でブログは、
あなたの経験や体験をブログ記事にすることができ、
ブログ読者の問題解決に役立てることがおすすめです。

つまり、あなたの情報発信が読者の手助けになるわけです。

その手助けになった対価として収益にもつながりやすくなります。

ただし、日記のように記事を書いてもあなたの主観だけになりがちなので、
記事の書き方などを知って、読み手がわかりやすいように実践していく必要はあります。

書き方については、こちらの記事も参考にしてください。
ブログの書き方を8つの手順どおりに進めて書けない状態から抜け出す!

副業ブログに必要なもの

副業としてのブログに必要なものは、

① パソコン

ブログ用のパソコンについては高機能・高スペックは必要ないです。

おすすめのパソコンについては、こちらの記事を参考にしてください。
ブログの作り方!必要なパソコンは?

② 月々に1000円くらいの予算

月々の予算については、
ブログを立ち上げるために必要なレンタルサーバーや、
ドメインなど必要なものに月々1000円前後かかります。

レンタルサーバーについては、こちらの記事を参考にしてください。
ブログの作り方に最適なサーバーを選ぶ基準

③ 記事を書いていくモチベーション

書いたブログがGoogleなどの検索エンジンに、
評価されるまで一定の時間が必要です。

あなたが分からないこと、
知りたいことを調べようと検索した時、
検索内容によって、検索結果のページは膨大なものが表示されると思います。

そのページでよく閲覧されているもの、
信頼性の高いものが上位に表示されています。

「答え」を求めて調べている人が、
時間をかけてすべてのページを見ることはないでしょう。

つまり求めている「答え」は、
上位表示される記事で解決につながりやすく、
その上位に「あなたの記事」が表示されるまでは時間と書き方を工夫していく必要があります。

モチベーションを保っていくためには、
「忍耐」が必要ということではありません。

「あなたの記事」で問題が解決する「相手」がいる可能性に目を向けて記事を書く。

キレイごとを言いたいのではなく、
「自分が稼ぐため」という目的だけだと続かないことが多いようです。

想像してみると、
副業として毎日毎日、記事を書いて、
ブログにアップして、閲覧数を確認して、収益はいつまで経っても「0」。

そんな状況に耐えられるでしょうか。
副業としても虚しくなってしまうでしょう。

その虚しさを変えてくれる要素は、
相手がいて、その相手から必要とされる、
または、あなたのブログに喜んでくれる存在、感謝されるということではないでしょうか。

この点は、本業などで対面の仕事をすることと似ていますね。

相手の顔は見えないけど、あなたの記事を見てくれる存在がいる、
これからできる可能性を充分に秘めています。

まとめ

ブログは副業として、とてもおすすめです。
ブログと一緒に自分自身も成長できる実感があるからです。

私は、特にスキルがなく、大した経験なんてしてない、
と思っていましたが、ひとつ誰でもできるものに気がついて、ブログをはじめました。

それは、「調べること」です。

面白いもので、大抵のことは調べると「答え」につながるものが結構あるんです。

その調べたことも、インターネットには溢れています。
でも、ひとりの説明では、全ての人が理解しきれないものがあります。

それは「表現」だと思っています。

Aさんが説明して、理解できる人、できない人。
Bさんが説明して、理解できる人、できない人。

それぞれ理解できていいし、理解できなくていいと思います。

説明する側の表現と、
受け取り手の理解は必ずしも一致しないためです。

その表現する方が一人でも多く増えれば、悩んでる「ひとり」の役に立てる可能性があります。

そして、調べていくと、必ず自分自身が実践してみるという行動につながっていくので、
実は、それが「経験」をしている状態になるわけです。

「気がつく」と経験してしまっているということです。

例えば、「ブログ 始め方」で検索して、
ブログの始め方の記事を読んで、実際にやってみる。

これは知識から経験へとつながった瞬間で、「大したこと」なわけです。

一緒にブログの世界を楽しめると、この記事を書いた甲斐があります。
あなたの「一歩」を応援しています。一緒に成長していけると嬉しいです。