ブログの書き方 画像の取り扱い

ブログを始めて、記事の見栄えを良くしようと画像を挿入していませんか?

画像には著作権がありますので、ブログへの引用には注意が必要です。
引用に必要な考えと書き方を一緒に学んでいきましょう。

ブログの書き方で注意が必要な画像の扱い方

Googleで画像を検索すると、大量の写真がでてきます。

インターネットに掲載されている画像というのは、
「だれか」が撮影したものになり、撮影者ご本人または団体に著作権があります。

その画像をルールを知らずに、
ブログに引用した書き方をしてしまうと、
著作権違反となってしまうので、画像の取り扱いに注意が必要です。

知らないで違反してしまうと、
著作権をもつ方から訴えられてしまうこともあります。

以下は、文化庁のホームページに明示してある「引用」についての注意事項です。

(注5)引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

引用元:文化庁ホームページ 「著作物制度の概要」
(https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu_jiyu.html)

上記の注意事項を私なりに分かりやすく伝えると、
どうしても他人の著作物を使わなければいけない。(他人の著作物を紹介する場合など)
自分ではない他人が書いた文章や、写したものであることを「明確」にわかるように区別する。

主従関係というのは、あくまで「自分」の書いたものが主体であり、引用は補足ということ、
引用した箇所の「引用元」を明示すること、という書き方になります。

知らないで画像や文章をブログに引用した書き方をしていると、著作権侵害となり、
最悪の場合、サイトの閉鎖につながってしまうので注意が必要です。

ワードプレスを使うと引用タグで自動的に装飾が可能

ワードプレスの記事投稿画面では、
引用した記事であることを「ひと目」でわかるようにできる「引用符」のボタンがあります。

場所は、下記の画面にあるように記事投稿ページのスタイルなどを選択するバーの中に、
「””」という記号があるので、そのボタンを押すと「引用している箇所」として、
あなたの書いた文章と、引用した文章との区別が「分かりやすく」表示できます。

引用符

また、引用符を使わずに、コピペした文章を掲載した場合、
Googleのシステムは、「コピペした文章」という判断をしやすいようです。

つまり、引用符を使ったほうが、
あなたのオリジナル記事の書き方ができること、
SEO的にも適切な書き方ができること、につながりますね。

また、引用符を使ったあとは、
引用元のサイト名、URLを記載しておくと、より丁寧なブログの書き方になるでしょう。

ワードプレスに関して、こちらの記事も参考にしてください。
ブログの収益化にはWordPressと分かりやすい記事が必要

引用する画像はフリー素材または自分で撮影したものを使う

著作権でつまずかない書き方にするためにも、
商用利用が可能なフリーサイトの画像や、自分で撮影した画像を使うことが無難です。

おすすめのフリーサイトは、

o-dan
世界中の無料写真素材を探すことができます。
ちなみに日本語より英語のキーワードで探した方が、より多くの素材が表示されます。

PAKUTASO
日本の美しい写真を求める方にオススメのサイトです。

いらすとや
写真ではなく、イラストをお求めの方にオススメのサイトです。
いろんなコンテンツで使われているイラストなので、見たことのある方も多いかもしれませんね。

どうしても品質も素材の量も求めたい方は、
shutterstock」というサイトがおすすめです。

shutterstockは、画像、動画、音楽、さまざまな素材を有料で提供しています。

ただし、どのサイトも「利用規約」はシッカリと確認をしてください。

また、「直リンク」はやめましょう。
直リンクというのは、人様のサイトの画像URLを、
そのまま自分のサイトに埋め込んでしまうことです。

画像をクリックする度に、人様のサイトに飛ぶことになり、
そのサイトのサーバーに負担をかけてしまう、というマナー違反になってしまうからです。

必ず、ダウンロードして自分のブログに掲載するようにしましょう。

最後に、自分でデザインしたものはオリジナルの著作物ですよね。

Canva Proでは、写真ロゴやポスター、名刺まで、
さまざまなデザインをテンプレートを使って自分でデザインができます。

真っ白なキャンバスからではなく、プロが作ったテンプレートを元に、
無料で作成することも可能です。

まとめ

ブログの書き方には、画像の扱い方も重要です。

さまざまなコンテンツを見ていると、
「あ、この画像いいな!」という場面に遭いますね。

人様の作ったもの、関わったもの、
その全てに「敬意」が必要になりますので、
可能な限り、フリー素材や、オリジナルの画像や素材を使った書き方を心がけましょう。

つい先日のことですが、自分で何気なくとった海岸の写真をFacebookに載せたところ、
たった1日で「いいね」をいただきました。

自分で撮影した写真や、
デザインしたものは、オリジナルの素材となり、
そのコンテンツに対して評価していただけると、作ってよかったなと、思えています。

あなたのブログも継続することで、
着実に成長していくことができるはずです。