ブログの基本 初心者

「ブログってどうやって作っていけばいいの?」

ブログを始めたいけど、作り方に困っていませんか?

パソコンとインターネット環境があれば、初心者でもブログは始めることができます。
しかし、作り方を知らなければ、初心者は「迷子」になりやすい特徴もあります。

仕事の進め方と同じように全体の流れを知り、作り方を学んでいきましょう。

初心者が知っておくべきブログの作り方5ステップ

ブログを始めるとき、「ひとり」で作業することが多いものです。
初心者の場合、ワクワクドキドキの反面、不安も多いでしょう。

初心者が始めやすい作り方を5ステップに分けてご紹介します。

ブログを知る

リモートワークの働き方が推進されて、ブログを始める人も少なくありません。

日常をつづった日記ブログや交流の場として使われたり、
読者に役立つことを情報発信して、利益を得ることもできます。

しかし、SNSの登場により、ブログは、より「質の高い」作り方が必要です。

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは、
ブログより情報発信がカンタンで、共有もしやすく、共感も集まりやすくなっています。

しかし、カンタンに発信できる反面、
「その情報ってホント?」という情報の「根拠」を知ることはカンタンではありません。

コロナ禍のニュースでも、世界的なお医者さんが言っていることと、
インフルエンサーのお医者さんが言っていることが正反対だったり、
情報を「一致」させることは難しいのです。

Twitterの対応を例にすると、
誤った情報発信を知らせる「デマ報告」機能があります。

Twitterは最大140文字、つぎつぎと最新の投稿がつぶやかれる中で、
「根拠」となる情報を提供することは難しいかもしれません。

だからこそ、情報発信には、ある程度の「量」が求められている、とも言えますね。

ブログには、その「量」が備わっているので、質の高い情報を提供していけば、
初心から始めても長く運営していくことが可能なのです。

ブログを作る

作り方には、読者に「わかりやすく」伝える「型」があります。

Googleの検索で「ブログ 型」と検索すると、約4億件がヒットします。
もちろん全てが有用とは限りませんが、「型」があることを証明してくれているのです。

初心者にとって分かりやすい「型」は、

・結論
・理由
・具体例
・結論

が最適です。

あなたが検索して、すぐに出てきてほしいものは何でしょうか?
それは、「答え」ですよね。

だから、「結論」を先に書く必要があります。

そして、「なぜその結論なの?」の問いに答えるために、「理由」を書きます。
理由だけでは、納得できないこともあるので、「具体的な例」が必要です。

具体例のある作り方は「読者がイメージしやすい」というメリットを生んでくれます。

最後に、もう一度「結論」を書くことで、
「伝えたいこと」を「伝わる」に近づけていくことができるのです。

「ブログを作る」ことは、相手に情報を届けることですが、
すべてが「伝わる」わけではありません。

常に「どう書けば伝わりやすいか」「分かりやすいか」を考える作り方を心がけましょう。

初心者のうちに作り方を理解して進めていくと、
記事を書くたびに「伝わりやすさ」を意識していけるようになります。
より詳しい「型」を使ったブログの作り方は、以下の記事を参考にしてください。

ブログの書き方におすすめ!5分で理解できるテンプレート

SEOを知る

「SEOって何?」

初心者の誰もが感じることです。
答えは、「Googleなどの検索エンジンに評価されやすいように工夫する」こと。

つまり、Googleの検索エンジンにとって「分かりやすい」作り方を目指せばいいのです。

ただし、作り方には、気をつけることがあります。

・読者に分かりやすい作り方をする
・検索エンジンにわかりやすい工夫をする

の2つです。

読者に向けては、文字の大きさ、句読点の使い方、見やすい改行、文字数、
言葉づかい、など「どんな表現がわかりやすく感じるか」を意識した作り方です。

検索エンジンは、カンタンにいうとロボットのこと。

以下の「Google WEBマスター向けガイドライン」にも作り方の基本が明言されています。

Googleガイドライン
出典 https://developers.google.com/

「ユーザーの利便性を最優先」ということは、どういうことでしょうか。

それは、「検索意図」を考えることです。

「検索意図」というのは、私たちが調べたいものがあるとき、
Googleの検索窓に入力する「キーワード」を意味しています。

「意図」なので、「どういう狙いがあって検索するのか」を考えます。

たとえば、「温泉に行きたい」という状況で検索するとき、
どんなキーワードを入力するでしょうか。

それは、
「温泉 おすすめ」
「温泉 ランキング」

上記が代表的ですよね。

ただ、「温泉」だけでなく、「おすすめ」など人が評価している温泉を探そうとしますね。

つまり、人は「損」をしたくないので、
できるだけ「安心できる」情報を得ようとすることも「意図」になるわけです。

「キーワード」を使って検索するので、
SEOとしては「キーワード」を意識した作り方が求めれています。

作り方について、ロードマップがありますので以下の記事を参考にしてください。
ブログの作り方はおすすめの最短ロードマップで解決!

ブログを作る目的を考える

目的のないブログは、
ただの商品・サービスの「紹介記事」となってしまい、埋もれていくでしょう。

WEB上には、何億ものコンテンツがあるので、
初心者が目的も持たずブログを作ることは、「地図を持たずに海に出る」ことになります。

ブログは、コンテンツを作り育てていくことで、アフィリエイト収入を得ることができます。

「何のために」商品やサービスを紹介していくのか、
という目的の部分が、「利益を得るため」だけになってしまうと、
使ったことのない商品やサービスを読者にオススメすることになりかねません。

読者も、あらゆるコンテンツを見慣れているので、見抜かれてしまうでしょう。

一番のデメリットは、読者の信用を失い、訪問されないサイトになってしまうことです。

・読者に信頼されるコンテンツとはどういうものなのか
・役立てる商品やサービスは、自分自身の体験で語る

目的を考えるとき、上記の2点は必須です。

なにより自分自身で体験したものは、独自のストーリーを語ることができ、
あなたにしか書けないコンテンツになるでしょう。

記事の書き方上達のコツ

初心者がぶつかる壁に、

「記事が書けない」
「書き始めることができない」

の2点があります。

どのブロガーも経験しています。

克服方法は、
「型」に沿って、「相手」に説明するイメージをもちながら、
初心者のうちは文章が単調でもいいので、書いていくことがオススメです。

私の場合、半年は「書けない」状態が続きました。
その理由は、「ブログ 書き方」を検索し、情報を「見過ぎた」ことです。

ひとつ検索するだけで、検索結果には、何万ページというコンテンツがヒットします。

似たようなコンテンツを見続けていくと、情報の選別がむずかしい初心者のうちは、
結局なにをしていいのか分からなくなります。

多くの優秀なブロガーが、良い記事を書いておられますが、
「万人向け」の記事は、ひとつもないのです。

ひとりひとりに「理解しやすい」「相性がいい」ブログがあるということですね。

作り方を調べる場合、「わかりやすい」コンテンツを1つ、
または2つ参考にしていくほうが初心者にオススメの上達方法です。

まとめ

以上で、初心者に必要なブログの作り方をお伝えしました。

作り方には、

・ブログを立ち上げる準備
・記事を書いていく

2点の作業があります。

初心者のうちは、2点の作業を混同してしまい、手が止まってしまうことがあります。

ブログを立ち上げる準備は、
ブログの作り方はおすすめの最短ロードマップで解決!
のロードマップに沿って進めていくことで、頭を整理できるでしょう。

記事を書くことについて、初心者にオススメの本もありますので参考にしてください。
ブログの書き方をイメージすることができる最適な本

ブログは「読者のため」と思われがちですが、
じつは書き手となる「あなたの成長のため」になることが多いことに気づくはずです。

最後に「SEO」と「コンテンツの作り方」の情報も手に入れることができる、
ワードプレステーマがあります。

こちらの記事も参考にしてください→検索疲れしないワードプレステーマ

準備を整えて、あなたのブログをスタートさせましょう。