ブログ収益化 心構え

「ブログを収益化させたいけど記事の内容がしっくりこない」

ブログを書きながら、収益化できず悶々としていませんか?

そんなときは、
記事を書くための心構えを見直す必要があります。

記事の本質を考えてブログを収益化へつなげていく

ブログ記事を書いて、
継続して収入を得ていく仕組みづくりを収益化といいます。

あなたがブログを始めたきっかけは、
収入を得る、または増やしたい、ですよね。

しかし、あなたひとりでは、収入を増やすことはできません。

だれかが、
あなたにお金を払う、払いたい、という状況が必要です。

その状況は、どうしたら生まれるでしょうか?

それは、あなたが書いた記事に、
「感謝されたとき」「共感されたとき」です。

もう一度、書いたブログを振り返ってみましょう。

・読者の目線で記事を書いているでしょうか
・読者の問題解決につながるような内容でしょうか

そしてもう一つ、
どんな記事を書けばいいのか、「あなた自身」が混乱していませんか。

ブログを書く人も、見る人も人間です。

もし、あなたがストレスを感じてしまうブログだとしたら、
改善が必要かもしれません。

あなたがスマホやPCで、気になることや、答えを知りたいとき、
どんなタイミングで調べようとするでしょう。

それは、通勤時間の電車やバスの中、休憩時間の合間ではないでしょうか?

そして、登録しているアプリやメルマガの通知が届けば、
次から次へと読むものを変えていくでしょう。

つまり、ブログを書く側の目線だけで書いてしまうと、
見られない記事を書いてしまう可能性があるため、
ストレスの少ない記事を書く必要があります。

記事が見られない=収益化できない、ということになってしまいます。

読者の目線で記事を書く

読者目線の記事とはどのようなものでしょうか?

それは、

・読者がその場で調べた答えが得られる
・結論が先に書いてある
・わかりやすい表現

ここは、あなたが答えを知りたくて調べたときと同じ感覚を
記事に反映すればいいわけです。

そして、「相手が理解できる内容」を意識して、
専門用語や難しい言葉づかいを避けて、記事を書いていきましょう。

さらに、結論となる「相手が探している答え」を先に述べることで
相手の「答えが欲しい」という欲求に答える記事となり、
サイトに信頼が生まれ、収益化へとつながります。

その信頼をひとりひとり積み重ねていくことで、サイトの質が向上し、
Googleの評価へとつながり、価値あるサイトとして重宝されるはずです。

結果、収益化が可能になります。

まとめ

ブログには、始めやすい、というメリットがあります。
しかし、ほとんどの人が途中で手を止めてしまいます。

その理由は、

「記事が書けない」
「書き続けることができない」

からです。

収益化につながらず、やめてしまうのはそのためです。

記事を書いても収益が得られなければ、
モチベーションもなくなりますよね。

でもきっと、「ひとりでブログを作ろうとしている」ことに、
原因があるのかもしれない、と私は感じています。

わからないことを教えてくれるブログは、たくさんあります。

ただ、片手間で調べるので、詳しく調べる時間がない、
他に誘惑がたくさんある。

そんな中で、質のいい記事を書こうとすると無理が生じてきます。

そんなときは、
収益化が見込める状態までサポートしてくれる存在がいると全然違います。

ブログを書くための心構えを知って、最短で収益化に向かうには、
サポーターを探すことも選択肢のひとつとしてオススメです。